NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
【開催報告】2月のプレゼン道場は「最後まで話を聞かせるプレゼン力」
2月の道場の開催報告いたします。

◆今回のテーマは『最後まで聞かせるプレゼン』

プレゼンの目的とは、「相手を動かすこと」。
相手を動かすためために、まずは「自分の話を最後まで聞かせたい」。
そう考えて、今回は『最後まで聞かせるプレゼン』というテーマで
行ないました。

◆「差異×理解」でトレーニング
最後まで聞かせるプレゼンにするためには、
冒頭で「聞きたい!」と思わせ、その後にしっかりと「納得」させることが
必要となります。

そこで、今回使った手法が、「差異×理解」。

「差異」では、
周囲が言いいそうなことを「先読み」することで、他者との差異を作る
トレーニングを行ないました。

「理解」では、
上下上(全体像+具体的内容+全体像)という構成で話すことで、
相手が理解しやすい話し方を身に付けるトレーニングを行ないました。

◆学生団体ジコピーとのコラボ!
就職活動支援団体ジコピーとのコラボレーションで行なった今回の道場。
社会人と学生、それぞれの視点での鋭いフィードバックが飛び交い、
熱気溢れる3時間となりました!

◆「知る」から「できる」に
人は、「知らない」→「知る」→「できる」→「している」という
ステップで物事を習得していきます。

無意識に「している」状態になるためには、まずは「できる」状態を
目指したい!ということで、今回は「できる」にフォーカスしました。

「差異」のワークでは連続8問ワークを行なうなど、
体感しながらの徹底トレーニングを行なっていき、
「初めは不安だったけど、何度もやっているうちに感覚が掴めてきましたっ」
という声も頂きました。

◆まとめ
・最後まで聞かせるには、「差異」「理解」の両方が必要!
・一点集中の繰り返しワークを行なうことで、「できる」に近づける。

以上、2月のプレゼン道場はいかがでしたでしょうか。
次回第38回NextStepプレゼン道場乞うご期待ください。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2009-02-14 07:10
<< 【開催案内】3月の道場は「相手... 今後のスケジュール・申込方法 ... >>