NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
【開催報告】8月の道場は「話が具体的」!!

★プレゼン上手は話が具体的!

人と話をしていて
「言いたいことがが正確に伝わっているかな?」
こんな不安を感じたことはありませんか?

また、人の話を聞いていて
「理解はできるけど実感がわかない。結局何が言いたいの?」
と感じたことはありませんか?

どんなに情熱を持っていても、またどんなに正しいことを
言っていても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。

ではどうしたら相手に伝わる話ができるのか

今回は一つの手段として『具体的に話す』という点に着目し、
「伝えたいことをより具体的に落とし込むトレーニング」
を実施しました。

なぜ『具体的に話す』と伝わりやすいのか

それは、場面を限定したり、例話をつかったり、数字を入れる
ことでより相手にとって身近な話となり、言葉だけの理解でなく、
頭の中でイメージができるようになるからです。

★具体的に落とし込む

今回は合計6回のプレゼンを実施しました。

・異性に対して、自分の魅力を具体的にアピール。

・自分が料理上手と仮定し、そのメリットを一言で伝える。
その後、聞き手に「具体的には?」「例えば?」「なぜ?」等、
質問を繰り返してもらい、より具体的に落としていくトレーニング。

・新聞勧誘の営業マンとなり、新聞購読のメリットを具体的に
 アピール。

・政党の代表として、少子化対策に関する取り組みを具体的に演説。

・上記演説のなかで評価が高かった内容を元に、4人一組のチームで
 さらに具体的に落とし込み、改めて全体に対して演説。
(チーム対抗プレゼン)
※5チーム対抗で投票にチャンピオンを選出。

・本日の学びを具体的に話す。

注意点として、具体的な話だけでは話の中身が細かくなってしまって
本当に伝えたい軸がブレてしまう危険性もあります。

そのため、今回はアクティブラーニング社のフレームワークを用いて
話の「構造」を意識しながらトレーニングを実施しました。

★学ぶ技術:CUE

上下、左右、前後といったフレームワークを用いて、話に構造を
持たせてわかりやすく説明する方法です。

今回は「上下上」というフレームに着目しなかでも「下」をより
具体的に落とし込むトレーニングを実施しました。

上 : 一言で言うと○○です。 (伝えたいことを一言で)
下 : 具体的には△△です。  
   (より具体的に話す。イメージできるように)
上 : よって、○○となります。(伝えたいことのまとめ)


☆今回を振返って

今回は、初めての方・久々にご参加の方・また常連の方と、
バランスが良く全20名の方にご参加いただきました。

参加者からの声として

「他者の具体例を聞き、自分には思いつかない視点が新鮮だった」
「テーマについてチーム内で議論したことで、より客観的に
具体化できた」

という点があり、NextStepならではのフィードバックの醍醐味を
感じていただけることができたと思います。

また運営面でも多数の改善点をご指摘いただくことができました。

「具体的の定義がなかったため、人それぞれの価値観に差がでた。」
「ワークの題が身近でなく、具体的に話づらかった。」などなど…

自分にとって具体的でも、相手も同じように感じるかはわからない、
『相手の立場にたって具体的に話す』という本質をスタッフ自身も
学びとして持ち帰ることができました。

みなさんも、ただ具体的に話すことを意識するのでなく、相手の
目線で具体的な話ができるよう心掛けてくださいね!

ご参加いただいた皆さん、貴重な意見をありがとうございます。

さて、次回のNextStepプレゼン道場は4周年記念パーティーです!

普段の道場とはまた違う雰囲気で、新しい出会いや新たな気づきを
ご提供します。

ご期待ください!

スタッフ一同、お会いできることを楽しみにしております!
[PR]
by nextstep_tokyo | 2009-08-15 09:41
<< 【9月道場開催案内】次回は4周... 【詳細案内】8月の道場は「プレ... >>