NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
10月10日 プレゼン道場のご案内
【アウタービューでノイズ0のプレゼンに挑戦!】


アウタービューというのは、プレゼンをしている自分の姿を
ビデオカメラで撮影しておき、それをグループの皆で見て
良い点、悪い点、今後の改善点を共有する練習方法のこと。

これまで無意識にやっていたジェスチャーや姿勢、目線など
改めて意識し使うことで、より効果的な手の動かし方に気づく
など、参加者同士で新しい発見を共有しながら、変化を明確に
感じられる手法です。


●人前で話すプレゼン。緊張するとつい、

「私、人前で話すのがあまり得意じゃなくて。。」
「プレゼンになると、つい早口になっちゃんだよなぁ。。」

人前で話すプレゼンは、普段より緊張するもの。
ついつい早口になってしまったり、目線が泳いでしまったり、
うまくいかないなぁ、と思ってらっしゃる方も多いのではない
でしょうか。

いったい、プレゼンが上手な人は、自分と何が違うのでしょうか?


●プレゼンの上手な人は、「ノイズのない」プレゼンができる。

プレゼンが上手な人、人前で話すことに自信を持っている人は、
えてして「ノイズのない」プレゼンをすることができます。

ノイズとは、「聞き手の集中力を阻害する要因」のことを指します。

具体的には、早口や、ふらふらとした姿勢、聞き取りづらい声、
難解な専門用語、自信のない態度、等が当てはまります。

そうしたノイズをなくすことによって、聞き手を話に集中させ、
内容の理解を促します。

「〇〇さん、こないだのプレゼン、わかりやすかったよ!」
「〇〇さん、人前でも堂々と話せるんですね、すごいなぁ」

そうした評価を得ることで、プレゼンへの苦手意識もなくなり、
人前で話すことに自信がついてきます。
キーワードは「ノイズ」です。

では、「ノイズ」を取り除くには、どうしたらよいのでしょうか?


●自分の姿をビデオで撮影することで、自分のノイズを知る

自分のノイズを取り除くには、まず、自分にどんなノイズがあるのか
自分のクセを特定することが、第1ステップです。

自分の悪いクセを知り、そしてそのクセを取り除くことに意識を向け
て何度か練習をすることで、自分のノイズは取り除かれます。

今回のNSでは、『アウタービュー』と呼ばれる、ビデオカメラを用いた
トレーニングを行います。自分自身を客観的に見ることで、自分の
ノイズを知り、それを直すための練習を、3時間の中で行っていきます。

目線、姿勢、手の動かし方などのクセ、
今回のNSに参加して、1つでも克服していきませんか?


10月10日(土)第45回NextStepプレゼン道場

↓↓↓申し込みはコチラ↓↓↓
http://my.formman.com/form/pc/nFpglDCgyjro8UC4/
[PR]
by nextstep_tokyo | 2009-10-01 20:22 | お知らせ
<< 【開催報告】4周年記念パーティ開催 2009年のプレゼン道場 >>