NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
3月の道場はア・ラ・カルト道場
3月の道場では、「ア・ラ・カルト道場」と称して、
特定の技法に注力してトレーニングをするのではなく、
各人の課題に注力したトレーニングを行いました。

■課題抽出のための3つのフレーム

その課題を抽出するために、今回は「印象」
「理解」「行動」というフレームワークを用いて、
各人のプレゼンを評価しました。
相手から見て、自分のプレゼンは上記3つの観点で、
どう捉えられたのか?というフィードバックを
繰り返す、より実践的なワークにより、各人が
課題を見つけられるよう練習しました。

■フィードバックによる課題(伸びしろ)の発見

その結果、自分の意識していない課題が見つかったり、
グループメンバーのプレゼンを通じて、自分に
取り入れるべき工夫を見つけたりなど、それぞれが
自分自身の、伸びしろを見つけられた道場になった
ように思います。

見つけた課題は継続的に練習をしていくことで、
修正されていきます。
練習の場が必要になった場合はぜひまた道場にお越し下さい。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-04-20 19:41
<< 4月のプレゼン道場は相手視点を意識! 【開催報告】48回道場を開催しました >>