NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
4月のプレゼン道場は相手視点を意識!

f0049417_2011444.jpgf0049417_20112437.jpg

★第50回プレゼン道場

記念すべき第50回のプレゼン道場は、今後継続的なトレーニング
を行うにあたり、自分の課題は何かを発見する為に、みんなで
ディスカッションをしながら、その答えを見つけていくという
方法でトレーニングを行いました。その上で、数ある課題の中で
自分のフォーカスポイントを決め、9月に開催予定の5周年パーティ
までに自分のプレゼン力を高めることを目標設定にしました。

■前半

こだわりのラボ形式の道場スタイル

~ラボ形式とは~
みんなでディスカッションをしながら、上達のための
方法を探っていく形式のことです。

まずは前半のプレゼン道場では、次の2つの視点に
焦点を当てて、みんなでディスカッションしました。

1:プレゼンが伝わらない理由

~プレゼンには相手目線が大切!~

相手が今どんな状態かを知るために、その状況に
応じて、話す内容を組み立てる事が大切であると
結論付けました。

2:できる人の行動パターンを研究

~フィードバックを活用しよう!~

できる人は、結果からその原因を考え
原理原則を導きだしている。そして、対策を
講じている。そしてその対策を講じるには
人に対し、アウトプットしてそれに対して
フィードバックを得ることが大切であると考えました。

■後半

フロントナビゲーター形式で、プレゼン大会!!

後半は、プレゼンを作りこみして発表するという
本番さながらのプレゼンをグループワークで行いました。

具体的には、旅行会社の営業担当者となり社員旅行を受注
する為のプレゼン大会を行いました。

グループワークでプレゼンを作りこむことによって、
フィードバックの効果が発揮でき、自分では気づけない
視点からプレゼンを作りこむことができました。また
作りこんだプレゼンをきちんと発表することで、内容と
伝え方の両面のスキルアップのトレーニングを行いました。

プレゼン大会という緊張感の伴うトレーニングで
自分の課題が浮き彫りなり、フォーカスポイントを
定めることができました。

今回の道場で見つけた課題は、継続して練習することで
スキルアップされていくこと間違いなし!

ぜひまた道場にお越し下さい。

f0049417_2011515.jpg

[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-04-20 19:48
<< 第51回プレゼン道場開催のお知らせ 3月の道場はア・ラ・カルト道場 >>