NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
6月のプレゼン道場はプレゼンの「実践力」を鍛える!
★第52回プレゼン道場

第52回のプレゼン道場は、実践力をつけるために
「プレゼンの準備」にフォーカスした練習を行いました。

実際のプレゼンとは、事前準備からスタートしています。
準備とは、どんなことに意識をして、情報収集し、プレゼン構成
を考えるのかということです。そういった準備段階の部分に時間
をかけ、その上で組み立てたプレゼンを発表して、相手の反応を
知るという練習を行いました。

【前半】

事前に準備(パワーポイント資料含む)をした本気の
プレゼン発表を行いました。

■テーマ:アイフォーンとエクスペリアの魅力について
■発表時間:5分

5名の発表者のプレゼンを聞き、

・何故その人のプレゼンが良いと思ったのか
・良いと思った理由は、内容・事実(製品)か、それとも
 伝え方が良かったのか

をディスカッションしながら、原因を探っていきました。
同時に、5名のプレゼン発表者に、事前準備で何を意識したのか
を確認にし、心に動かされるプレゼンの共通点を探っていきました。

【後半】

プレゼンのフレームワークの紹介
~FAB話法~

Function(機能)⇒Advantage(優位)⇒Benefit(利点)
この順番で、プレゼンを組み立てることによって、相手に
利点を伝えることができる営業話法を紹介。

~意識するポイント~
誰に伝えるのかターゲットを絞る
何を伝えるのか、明確にする

このフレームワークを参考に、どういった基準で評価してもらいたいのか
を意識しながら、プレゼンを組み立てて発表する練習を行いました。

~まとめ~

「知っている」と「できる」は、全く違います。
プレゼン理論は、本を読めば習得できますが、その理論に
基づいて、アウトプットの練習をしなければ「できる」になりません。
継続して練習することで知識をスキルに変えていく、そんなことを
練習できるのが、プレゼン道場です。

ぜひまた道場にお越し下さい。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-06-24 01:19
<< 【開催案内】次回道場は「プレゼ... 5月のプレゼン道場は「外見を磨... >>