NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
12月のプレゼン道場は相手視点の重要性
■相手視点の重要性

道場を開催していると、こんなお話をよく伺います。

「がんばって話したのに、この程度しか相手に伝わっていなかったの!?」
「全部ちゃんと話したはずなのに、全然内容を覚えてくれていない…。」

この悩みの原因の一つに「相手視点の欠如」があります。

人それぞれ、聞きたいテーマやポイント、事前知識が異なります。
その結果、同じ話でも刺さる方とそう出ない方が出てきますし、
構成一つ変えるだけで格段に理解が深まる事もあります。

今回は、相手視点を学ぶことを重視したトレーニングを行いました。

■具体的なトレーニングの流れ
相手視点とひと言で言っても、当然その内容は人それぞれです。
上手な方は相手のリアクションや第一印象からプレゼンを組み立てる
事ができますが、なかなか簡単ではありません。

そこで今回は、参加者同士で「自分視点の解説」を行うことを重視。
2名から同じテーマでプレゼンテーションをされた後に、どちらの
プレゼンがより響いたか、そしてそれは「自分にとって」何が大事
だったのかを解説いたしました。

人により聞きたいポイントが違うことの体感はもちろん、なぜその方が
そのポイントを聞きたがったのか、そこにたどり着くにはどんな情報を
追加/削除する必要があったのかを学ぶことができました。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2012-02-29 10:02 | これまでの活動
<< 2011年のプレゼン道場 10月のプレゼン道場はLear... >>