NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
カテゴリ:これまでの活動( 23 )
5月のプレゼン道場はプレゼンの本質にせまる!
■初の2部構成!

今回はプレゼン道場発、前半2h30min、後半2h30minの2部構成で
道場を開催しました。

前半は、通常の道場形式で、「プレゼンとは何か?その本質は?」
をテーマに、各自のプレゼンへの認識、目標とするプレゼンとその理由
などを丁寧に確認していきました。

後半では、目的別のトレーニング形式を導入し、参加者をそれぞれの
目的に応じてグループ分けし、徹底トレーニングを行いました。


■江頭2:50さんのプレゼン力に学ぶ!?

皆さんは江頭2:50さんが真面目に語っている場面を見たことがあるでしょうか。
奇妙な動きをしている場面ばかり目に浮かぶ方も多いと思いますが、
長く芸能界を生き抜く彼のしゃべり、実は盗めるプレゼン技の宝庫なのです。

今回の道場、前半では、プレゼン力を高めるためのポイントとして、
「うまいプレゼンの原理原則を見つけ、それを仕組みとして身につける」
ことを重視したトレーニングも行いました。
今回は江頭2:50を題材に取り上げ、「2つのStoryを並走させる」などの
高度なワザの学びや、ワザを身につける実践のワークを行いました。


■初の本格的目的別トレーニング!

後半では、目的別にチームを分けて、2h30minをたっぷり使った個別の
トレーニングを行いました。具体的には、

 ・1つのプレゼン理論を徹底トレーニングで鍛えるグループ
 ・そもそもプレゼン理論って何があるの?を網羅的に学ぶグループ
 ・お題を1つに固定し、ひたすらそのプレゼンを磨きあげるグループ
 ・情報収集のために、特定のお題で皆に話してもらうグループ

の4グループでの練習を行いました。個人の目的にフォーカスしたことで
各自の学びたいポイントでどんどん練習ができたと、参加された方から
も好評をいただきました。


これからも、どんどん進化するプレゼン道場を提供していきます。
ご期待ください。次回は以下の日程を予定しています。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-07-25 00:40 | これまでの活動
2月のプレゼン道場のテーマは自分の印象を改善!
f0049417_23412863.jpg

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
★第59回 プレゼン道場 開催報告
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■人は見た目が9割?
今回の道場では、「プレゼン中の自分の印象」を改善しました。
具体的には、「どのように見えているか」を明らかにすることで
悪い印象、良い印象を抽出していき、最終的には「どう見せるか」
を全体で考えていきました。

背筋が伸びている方の印象、手の動かし方の癖、目線の動かし方。
プレゼン中の印象は人それぞれですが、自分の気付いていなかった
自分の姿にみなさん驚いていました。
プレゼン道場からは、姿勢の正し方、ジェスチャーの意味、目線
の配り方についての理論を紹介。
ビデオで撮影したビフォーとアフターの変化は目を見張るものが
ありました。

■大好評!10分プレゼンも継続します!
人のプレゼンから自分に応用できることの多さにびっくりする!
と評価の高い10分プレゼンテーションを、今回も実施しました。

今回は、学生代表、社会人代表のそれぞれに3分間のプレゼンを
していただきました。
学生時代に頑張ったこと、趣味に没頭!というテーマでプレゼンを
していただいたのですが、ジェスチャーの使い方、声の張り方、
目線の配り方など、それぞれの違いが明確になった比較でした。

参加者からは「プレゼンを発表するにあたり目的・ゴールを設定
することが大切」というコメントをいただきました。
ゴールを設定することで、ジェスチャーの方向や構成も変わって
きますよね。非常に大切なことに気づかされた回でした。

■原理原則を意識したトレーニング
プレゼン道場では、成長のための原理原則を見つけることを常に
意識してトレーニングを行います。

道場の3時間を通じて「原理原則」を意識することで、成長の
ためのスピードをあげることができます。

ぜひ、道場参加を通じて「原理原則」を意識する癖をつけて、
皆さんの成長スピードをアップさせてください!
f0049417_23411025.jpg
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-02-15 23:29 | これまでの活動
1月のプレゼン道場のテーマは声に変化をつける!
f0049417_23262037.jpg

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
★第58回 プレゼン道場 開催報告
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
■声を使ってプレゼンに変化をつける
今回の道場では「メアリーの法則」という理論を用いて、プレゼンに
変化をつけるトレーニングを行いました。
声の高低、アクセント、リズムを意識的に操作することで、相手に
いつもと違うという印象を与えたり、強調、集中、メリハリをつける
などの効果を得ることができます。

トレーニングでは、この法則を意識した時と意識していない時の
違いの確認することから始まりました。
その後トレーニング、フィードバックを重ねる中で、「操作の仕方」
によってどんな「変化」を与えられるかのパターンを見つけることが
できました。

■10分プレゼンはスタッフの那須川がチャレンジ
恒例となった10分プレゼンは、スタッフの那須川さんがチャレンジ。
家財保険に関するプレゼンテーションを行いました。
前日リハーサルを行った状態から何度もフィードバックを受けることで
プレゼンが大きく変化しました!
成長のための大きな機会として、ぜひトライしてみてください!

→Facebook にてbefore afterを公開しています。
 ぜひ変化を体感してください。

■原理原則を意識したトレーニング
プレゼン道場では、成長のための原理原則を見つけることを常に
意識してトレーニングを行います。
道場の3時間を通じて「原理原則」を意識することで、成長のための
スピードをあげることができます。
ぜひ、道場参加を通じて「原理原則」を意識する癖をつけて、皆さんの
成長スピードをアップさせてください!
f0049417_23253873.jpg
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-02-07 21:59 | これまでの活動
12月のプレゼン道場のテーマは「成長」のためには欠かせない理論
■成長に必要な考え方とは?
これまでもプレゼン道場では、さまざまな理論をご紹介し、
一緒に練習をしてまいりました。
たとえば、「差異×理解」や「CUE」など、何度も参加されて
いらっしゃる方にはお馴染みかと思います。

しかし、プレゼンテーションの練習は、「CUE」さえ実践して
いれば上達していくかというと、それだけではありません。

理想とするゴール、そして、現在の状況をきちんと分析し、
相応の練習が必要となってきます。

今回の道場では、自身のプレゼンを分析する際の手法を踏まえ、
実践的なトレーニングを中心に進めてまいりました。


■相互成長の場としての道場
今回のプレゼン道場は、3部構成で開催いたしました。
1:学ぶ技術について ~成長に必要な要素とは~
2:10分プレゼン
3:課題ごとに異なるグループに分かれての個別練習

まずは「自分の印象に残っているプレゼン」をテーマにして、
分析と自分のプレゼンへの反映を行いました。
二人一組で「良いプレゼン」の要素を見つけ出し、それを
再現するというトレーニングです。

笑いを入れる、聞き手に話しかける、ゆっくりと手を動かす、等
各チーム様々な要素が導き出されました。
その上で、その要素を盛り込んだプレゼンテーションにチャレンジ。
うまくいったりダメだったりと結果は様々でしたが、
「なぜその結果が生まれたか」を再度全体で議論して、学びました。

言語化と再現のトレーニング、そしてフィードバックを通じて
皆さんが成長実感を味わっていただけたと思います。

最後に、現在の自分の位置を測り成長につなげるべく、課題に応じた
プレゼン練習・考察の時間を設けました。
型稽古をするチーム、お互いにフィードバックを続けるチーム、最初に
何をすればいいかわからないチームなど、色々な課題がありました。

今後もできる限り、個々人に対応したトレーニングができる場所で
ありたいと感じております。

■10分プレゼンも大好評!
今回は「農業」をテーマにしたプレゼンテーションをしていただき
ました。
自己紹介から農業手法の大切さ、そしてそれを拡大することで
地球の砂漠化を止められるというものでした。

10分プレゼンは、事前のリハーサルからスタッフがみっちりと
フィードバックをしていきます。
今回体験された方も、朝のリハーサルから見違えるように
変わりました!興味のある方はチャレンジしてみてください!

プレゼンに限らず、日ごろから成長の早い方は、現状認識を
行い、常に改善のために行動しています。

プレゼン上達に関して言えば、
 ・いつまでに、
 ・どういう状態になることを目標とし、
 ・どんなトレーニングを
 ・どのくらい積み重ねることでレベルアップしていくか
など、学びを定着させるまでのプロセスも含めて、ご自身のプレ
ゼン力を見つめ直していただくことができました。

今年最後の道場が皆様にとって、「改善のための大切な一歩」と
なったことをうれしく思っています。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-01-17 23:42 | これまでの活動
10月のプレゼン道場のテーマは自分の仕事の紹介
今回は、フォーメーションとのコラボ道場ということでテーマは
「自分の仕事」。プレゼン理論を用いて、「自分の仕事を紹介する
プレゼン」に磨きをかけました。
 
◆プレゼン"理論"の必要性を知る
限られた時間の中で、自分に興味を持ってもらうためには、情報を
端的に伝え、理解してもらう必要があります。
今回は自分の仕事の特徴をキーワード化するワークを通して、
自己PRの黄金則「差異」×「理解」を学びました。
キーワード化することで、こんなにもプレゼンの印象が変わるとは
本当に驚きでした。
コラボレーションのきっかけとして、自己PRは非常に重要です。
このワークはフォーメーションでも取り入れたいと思います。

◆プレゼンの"魅力"を知る「10分間プレゼン」
今回初の試みで、代表者が10分間のプレゼンを行い、それを聞いた
参加者が、そのプレゼンのフィードバックを行う、というワークを
実施いたしました。

その代表者とは、プレゼン道場初参加の私だったわけですが。。。
事前のリハーサル、当日のプレゼン後のフィードバックによって
私のプレゼンは格段に上達しました(と思います^^;)

実際にいただいたフィードバックでも「キーワードがわかりやすい」
「話の構成がまとまっていて聞きやすい」という評価を頂きました!

10分プレゼンを行っていない参加者からも、話の構成方法やフィード
バックの視点について勉強になったという声を頂きました。

◆プレゼンに磨きをかける「長時間フィードバック」
これまで学んだことを総動員させ、もう一度「自分の仕事」をプレゼン。
その後、同じテーブルのメンバーでじっくりとフィードバックを行い
プレゼンに磨きをかけます。
一番最初に行ったプレゼンと最後に行ったプレゼンでは、興味喚起、
わかりやすさが格段に上達している参加者が数多く見られました。
それでもまだ、修正するところは多々あり、「もう一度プレゼンしたい!」
という気持ちにさせられました。

◆まとめ
・プレゼンには「差異」×「理解」が必要であることを学びました。
・10分プレゼンを通して、フィードバックがプレゼンの質を高めることを
 学びました。
・「差異」×「理解」、フィードバックを用いて、自分のプレゼンに
 磨きをかけました。

10分プレゼンは初の試みでしたが、とても大きな成果が得られました。
フィードバックする側にも「フィードバックの視点」を通じて気づきを
得ていただけたと感じています。

10分プレゼン、長時間フィードバックは今回初めての試みでしたが、
スタッフの予想以上に多くの学習効果があることがわかりました。
これまでご紹介した理論であっても、これまでとは違う気づき・変化を
体感していただけると思います。
ぜひ、理論のおさらいと新たな成長を得るべく次回道場にお越しください。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-11-05 20:20 | これまでの活動
9月プレゼン道場はS5周年! 羽根先生をゲストに大ディスカッション!
f0049417_1192269.jpgf0049417_1191029.jpg9月11日、NextStepプレゼン道場は5周年を迎えました。
今回は特別に、NextStepを監修いただいている
株式会社アクティブラーニング代表の羽根拓也先生をゲストに
お迎えし、変化する世の中で求められるプレゼン力について
全体で話し合いました。

プレゼンのワークは、この5年を振り返り将来像を分析することを
中心に進めてまいりました。

この5年間で、社会情勢も流行も皆様自身も大きく変化したと
思います。身につけたい能力、見える世界も変わったのでは
ないでしょうか。

5年前、今そして将来。過去から現在を振り返ることで変化を捉え
その傾向を見つけ出し将来に生かそうというのがテーマです。

振り返るお題も、自分自身について、アイドルの変遷、人気企業
ランキング、果てには活躍する人材像まで及び、終始白熱した
3時間となりました。

羽根先生からは5年間の変化を「ツナガル」と「ツキデル」という
キーワードで分析していただきました。

ネットを通じて人と人がつながる、また企業と海外のつながりが
急速に発展してきています。
そして、そんな変化に対応した「ツキデル」人材や商品が
増えてきています。iPhoneを始めとしたスマートフォン、退職後
すぐにヘッドハントされる人材、国内にとどまらずユニバーサル
に活躍できる人やモノが求められているとのこと。

最後は、NextStepとしての決意、そして皆さんお一人ずつ将来に
向けての決意表明をいただき大盛況のうちに幕を下ろしました。
f0049417_11155267.jpg

f0049417_1116544.jpg

[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-09-19 14:01 | これまでの活動
8月プレゼン道場は老舗勉強会とのコラボレーション!
f0049417_1403986.jpg
8月の道場はスペシャル企画!
NextStepと同い年、5周年を迎える老舗勉強会とのコラボレーション
を行いました。

コラボのお相手は、『Non-Pupose~首都圏のWA』様。
首都圏の様々な方々で作る、オープンな勉強会です。

以前、『Non-Pupose~首都圏のWA』のスタッフの方が、NextStepに
ご参加いただいた際、「いっしょに何か企画を行いましょう!」
と意気投合したのをきっかけにコラボ企画が実現しました。

テーマは「複雑な内容を簡潔に伝えるプレゼン術」。
コラボ企画ということもあり、通常道場よりたくさんの参加者に
お集まりいただき、白熱のトレーニングとなりました。

初参加の方も多数お集まりいただいたこともあり、
「そもそもプレゼンとは何か?」という認識合わせも深く行いつつ、
シンプル かつ 即効性のある伝え方のフレームワークを、脳から汗が
出るほど反復練習していただき、習得していただきました。

参加者の方から、
「プレゼン能力は理論的に分析できるものということを気付かされた」
「他の人からフィードバックがもらえる機会があってよかった」
とご好評いただき、運営冥利につきるコラボとなりました。


『Non-Pupose~首都圏のWA』様、
今回は貴重な機会をいただきましてありがとうございます。
今後も、切磋琢磨しつつ、お互いの会を発展させてまいりましょう。
f0049417_1402166.jpg

[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-09-19 10:44 | これまでの活動
7月プレゼン道場はプレゼンの組立てを学ぶ!
今回のテーマは『プレゼンの組み立てを会得する!』でした。

プレゼンをする機会というものは、その多くが「事前準備」が可能な
ものではないでしょうか。

しかし、いざ準備をしようと思っても、原稿を書いてみたり、
パワーポイントで資料を作ったりするだけに終わっていませんか?
今回の道場では、『プレゼンの組み立て』をテーマにトレーニングを
行いました。

話を構造化する、他者の発表を予想し、事前に対策を考えるなど
普段何気なく行っていることを効果的に実感していただくことを
目的としていました。

まずは、「経済に強くなるオススメ本」というテーマで3分の
プレゼンテーションをしていただき、そこに他者の視点を盛り込
むことでブラッシュアップをしていきました。

どんな構造を持たせればより伝わり易いか、どんなキーワードが
よいかといった、普段何気なく準備しているポイントについて
スタッフと一緒にアクティブラーニング理論を用いて再度組み立てる
ことではるかに聞きやすい、わかり易い内容になりました。

また、参加者の成長を振り返ることができるフィードバックカードを
お配りさせていただきました。

7月の段階の自分と将来の自分を見比べ、成長を実感できるツールに
仕上がっています。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2010-09-08 19:53 | これまでの活動
2009年のプレゼン道場
■2009年

第46回(2009.12.09)
12月のプレゼン道場は話に「構造」をもたせる!

第45回(2009.10.10)
10月のプレゼン道場は映像から「ノイズ」を発見

第44回(2009.09.12)
4周年記念パーティ!!

第43回(2009.08.09)
8月のプレゼン道場は話を具体化する練習!!

第42回(2009.07.11)
7月のプレゼン道場はプレゼンの効率的な「学び方」を学ぶ!

第41回(2009.06.14)
6月のプレゼン道場は相手に「伝えさせる」プレゼン練習

第40回(2009.05.09)
5月のプレゼン道場は話に「構造」を持たせるプレゼン練習

第39回(2009.04.12)
4月のプレゼン道場は「オバマ大統領に学ぶプレゼン術」

第38回(2009.03.14)
3月のプレゼン道場は「価値を伝えるプレゼン術」~相手視点で翻訳伝達~

第37回(2009.02.08)
2月のプレゼン道場は「最後まで話を聞かせるプレゼン力」
~就職活動支援団体「ジコピー」との相互成長企画!!~


第36回(2009.01.10)
1 月の道場は「CUE」を使って1年の目標をプレゼン!
[PR]
by nextstep_tokyo | 2009-09-19 14:10 | これまでの活動
2008年のプレゼン道場
■2008年

第35回(2008.12.07)
アウタービューで「ソウルフル」なプレゼンに挑戦!

第34回(2008.10.12)
アウタービューでノイズ0のプレゼンに挑戦!

3周年記念パーティー(2007.09.07)
3rd Anniversary "HomeComingDay”の開催

第32回(2008.08.09)
図を使ったロジカルなプレゼンを極める!

第31回(2008.07.12)
映像から自分の改善点を見抜く!

第30回(2008.06.15)
 目標達成するプレゼン術


第29回(2008.05.10)
 すばやく全体像を伝えるプレゼン術


第28回(2008.04.13)
 「弱みの克服」にフォーカス


第27回(2008.03.08)
 NextStep初、「声」をテーマに開催!


第26回(2008.02.10)
 相互成長を実感!「プレゼン」と「就活」のコラボレーション


第25回(2008.01.12)
 アウタービューとフィードバック-効果的なフィードバックとは-

[PR]
by nextstep_tokyo | 2008-09-19 14:16 | これまでの活動