NextStepとは? これまでの活動 今後の予定 お知らせ 申し込み
<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【開催案内】1月のプレゼン道場のお知らせ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
★第58回 2011年1月30日 プレゼン道場のご案内
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

■伝わりやすい「話し方」は、構造だけじゃない
これまでもプレゼン道場では、さまざまな理論をご紹介し、
一緒に練習をしてまいりました。
たとえば、「差異×理解」や「CUE」など、何度も参加されて
いらっしゃる方にはお馴染みかと思います。

こういった理論は、いわばプレゼンの「内容」や「構造」に
関する考え方です。

今回の道場では、こういった「内容」や「構造」ではない部分に
フォーカスしてみようと思います。

■戦場カメラマンの話し方
昨年、戦場カメラマンの渡部陽一さんという方が話題になりました。
写真もそうですが、彼の独特のリズム、間、低めの声・・・
そういった「話し方」の部分がクローズアップされ、物まねする
方も多くいました。

今回は、そういった「話し方」の部分に迫っていきたいと思います。
もちろん、ゆっくり話せばいいわけではありません。
どんな調子で話せば、この話題を伝えやすいか、真実みを増すか
皆さんで一緒にトレーニングをしていきましょう!
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-01-23 00:52 | お知らせ
12月のプレゼン道場のテーマは「成長」のためには欠かせない理論
■成長に必要な考え方とは?
これまでもプレゼン道場では、さまざまな理論をご紹介し、
一緒に練習をしてまいりました。
たとえば、「差異×理解」や「CUE」など、何度も参加されて
いらっしゃる方にはお馴染みかと思います。

しかし、プレゼンテーションの練習は、「CUE」さえ実践して
いれば上達していくかというと、それだけではありません。

理想とするゴール、そして、現在の状況をきちんと分析し、
相応の練習が必要となってきます。

今回の道場では、自身のプレゼンを分析する際の手法を踏まえ、
実践的なトレーニングを中心に進めてまいりました。


■相互成長の場としての道場
今回のプレゼン道場は、3部構成で開催いたしました。
1:学ぶ技術について ~成長に必要な要素とは~
2:10分プレゼン
3:課題ごとに異なるグループに分かれての個別練習

まずは「自分の印象に残っているプレゼン」をテーマにして、
分析と自分のプレゼンへの反映を行いました。
二人一組で「良いプレゼン」の要素を見つけ出し、それを
再現するというトレーニングです。

笑いを入れる、聞き手に話しかける、ゆっくりと手を動かす、等
各チーム様々な要素が導き出されました。
その上で、その要素を盛り込んだプレゼンテーションにチャレンジ。
うまくいったりダメだったりと結果は様々でしたが、
「なぜその結果が生まれたか」を再度全体で議論して、学びました。

言語化と再現のトレーニング、そしてフィードバックを通じて
皆さんが成長実感を味わっていただけたと思います。

最後に、現在の自分の位置を測り成長につなげるべく、課題に応じた
プレゼン練習・考察の時間を設けました。
型稽古をするチーム、お互いにフィードバックを続けるチーム、最初に
何をすればいいかわからないチームなど、色々な課題がありました。

今後もできる限り、個々人に対応したトレーニングができる場所で
ありたいと感じております。

■10分プレゼンも大好評!
今回は「農業」をテーマにしたプレゼンテーションをしていただき
ました。
自己紹介から農業手法の大切さ、そしてそれを拡大することで
地球の砂漠化を止められるというものでした。

10分プレゼンは、事前のリハーサルからスタッフがみっちりと
フィードバックをしていきます。
今回体験された方も、朝のリハーサルから見違えるように
変わりました!興味のある方はチャレンジしてみてください!

プレゼンに限らず、日ごろから成長の早い方は、現状認識を
行い、常に改善のために行動しています。

プレゼン上達に関して言えば、
 ・いつまでに、
 ・どういう状態になることを目標とし、
 ・どんなトレーニングを
 ・どのくらい積み重ねることでレベルアップしていくか
など、学びを定着させるまでのプロセスも含めて、ご自身のプレ
ゼン力を見つめ直していただくことができました。

今年最後の道場が皆様にとって、「改善のための大切な一歩」と
なったことをうれしく思っています。

来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by nextstep_tokyo | 2011-01-17 23:42 | これまでの活動